バンコクに吹く風

今知りたいタイの最新情報をブログとTwitterで発信中

虫嫌いのあなたにお勧めの観葉植物の育て方

f:id:Thaibreeze:20200621013743j:plain

 

サワディカップ! りゅうたろうです。

室内で観葉植物を育てたい。でも虫がわくからという理由で敬遠されている方は多いと思います。確かに、タイで観葉植物を買って、室内に置いておくと、大なり小なりの様々な虫と室内で出くわすことになります。
僕も以前はバンコクMochitにあるグリーンマーケットで室内用に鉢植えを買っていましたが、虫が出たり、鉢や土がカビカビになったりして、結局はベランダに放置しています。

 

でもやっぱり室内にグリーンが欲しい!

 

ポトス

 

今現在たどり着いている方法はこれです。
ポトスの水栽培です。タイのように暑い地域でも元気に育ちますし、室内でも問題なく育ちます。水栽培なので、もちろん虫に悩まされることもありません。また、挿し木で簡単に株を増やすことができるのも魅力です。

 

ポトスはどんな植物?

亜熱帯原産のつる性植物で、生命力が強く初心者でも育てやすい園芸植物です。
挿し木で容易に株分けできるというイメージから、どんどん増えるということで、金運を上げてくれる植物とされています。また、風水では自己活性化や恋愛運アップの効果があるとされていて、空気の淀みやすい部屋の隅やトイレ、バスルーム、キッチンなどに置くといいとされています。 

ポトスの種類

濃い緑色、薄い緑色、斑入り(緑の葉に白い模様の入ったもの)など数種類あります。

バンコクでポトスを購入する方法

バンコク七不思議ではないですが、バンコクの都心では花や観葉植物を売っているところはなぜかとても少ないです。日本人が多く住んでいる地区の近くで観葉植物が買えそうな場所は下記です。でも種類は多くないです。
・BigC Ram4店(Soi26。UNIQLOの入っているビルの1FまたはBigCの売り場入口)
・Central Worldの7F Central Food Hallのスーパーレジ近く


僕がお勧めするのはLAZADA(ラザダ)などのネットショッピングを活用することです。タイでは、観葉植物や花の購入もネットショッピングが主流になるつつあります。

下記は僕が観葉植物を購入しているショップです。下記をクリックするとショップに入りますので見てください。 

 

用意するもの

  • ガラスの瓶、または、コップ

僕はイケアで買ったコップと蜂蜜が入っていたガラス瓶を使っています。根もとても美しいので、透明なガラスがおすすめです。 

ポトス

通常は、熱帯魚などの水槽に入れるものです。水をきれいに保ち、根腐れを防ぎます。これを使うことで、水の入れ替えが不要となります。ゼオライトは必ず使用することをおすすめします。こちらもLAZADAで購入可能です。 


・肥料
必須ではありませんが、使った方が元気に育ちます。肥料の量を多くすると大きく育ち、肥料を少なるすると小さいままで維持できます。肥料を使わなくても枯れてしまうことはありません。僕は100円ショップで買った固形肥料を細かく砕いて使っています。


・水道水
水は必ず水道水を使用してください。水道水は消毒されていますので、水道水を使用することで雑菌等の繁殖を抑えることができます。


水栽培の方法

  1. ポトスを買ってきたら、まずは鉢から出して土を全て落とします。この際に根を傷めないよう、洗面器などに水を張り、その中で優しく土を洗い流してください。根の色が白くなるまできれいに土を洗い流します。
  2. きれいに洗ったら、一株づつばらします
  3. 用意したガラス瓶にゼオライトを入れます。

    ゼオライト

  4. 水を入れてゼオライトを洗います。最初は写真のように濁りますが、何度か水を入れ替えるときれいになります。

     

  5. 肥料を入れて、割りばしなどでかき回します。肥料はほんの少しだけでOKです。水の上に浮いているのが肥料です。この程度で十分です。

  6. ガラス瓶に好きなだけポトスを入れます。一つの瓶にたくさんのポトスを入れる(密集させる)と、一つ一つの葉っぱが小さめになり、可愛くまとまります。逆に一つの瓶に1本のポトスだけを入れておくと、大きな葉っぱになります。いろいろ試して、自分好みのポトスを作ってみましょう!

ポトス

 

普段の手入れ方法

コップや瓶の中の水が減ったら、水道水を足します
それと、毎日3時間程度、あまり暑くない窓際で日光浴をさせるとより元気に育ちます。日陰でも十分に育ちますが、日光浴が足りないと緑の色合いが薄くなったり、妙にひょろひょろと伸びて見た目が悪くなります。また、逆に暑い日中にべランドなどの屋外に放置すると、色がさめたり、黄色く変色したりして元気がなくなりますので、屋外に出す必要はありません
万が一、瓶の中の水が濁った場合は、瓶の上から水道水を流し入れて、水の入れ替えをします。特に、土植えされていたポトスを水栽培に変えた直後は、ポトスの根に雑菌などが付着していることが多く、水が濁ることがあります。その場合でも、2回から3回程度水の入れ替えをすれば、その後は水が濁ることはなくなります。

 

挿し木の方法

写真のように茎が伸びてきたら、カットして挿し木にします。
赤い線のところで切ります。葉の付け根の反対側から伸びている黒っぽいものは気根です。新しい根は気根から出てきますので、気根と葉っぱを1セットにして挿し木を作ります。

ポトスの挿し木

ポトスの挿し木


これを用意した瓶に挿します。気根が水につかるようにします。1週間程度で根が出てきます。

 

  

【挿し木から1週間後】

気根から根が出てきました。

f:id:Thaibreeze:20200628141932j:plain

 

【挿し木から2週間後】

もうこんなに根が伸びてきました。

ポトス

 とても元気に育っています。

ポトス

 

おしゃれなガラス瓶やグラスを使って、あなた好みのポトスを育ててください。

 

【広告】GARNIER 公式ストア

f:id:Thaibreeze:20200629235417j:plain